〜オリーブの香り〜 No95 / 今週の一面『 杖 』3/9

ゆっこ

・連れあいが杖を使うことになりました。
 早速二人でイトーヨーカ堂の介護用品の売り場に行きました。
 思ったよりたくさん見本が並んでいます。
 「杖」を使うことを、なるべく明るく、楽しく、受け入れようと思い、
 私は種類も柄も色もたくさんある中から、暗い所でもピカピカ光る杖を見つけて、
 「コレ!これいいじゃない!夜でも大丈夫よ」
 でも連れあいは「イヤ!そんなピカピカ光るのは好きじゃない」
 折りたたみの傘のように、小さくなってカバンにしまえる物もありました。
 でもこれは二人揃って却下。
 あれこれ考えて紫色のシンプルな杖にしました。
tsue.jpg

・さっそく連れあいは「杖」を使って歩きました。
 私は一緒に歩くペースがつかめません(せっかちな私は歩くのが速いので・・・)。
 先を歩いて、後ろを見て待つという具合です。
 スローな生活が始まりました。
 二人の呼吸がピッタリと合って歩くようになるのはもう少し時間がかかるかも
 しれません。

・聖書の中に印象的な「杖」の話があります。
 イスラエルの民を40年かけてエジプトからの脱出を成功に導いたモーセの手には
 「神の杖」がしっかり握られていました。
 「神の杖」それはみ言葉ではないでしょうか。

  聖書 詩編23:4 (口語訳)
  「たといわたしは死のかげの谷を歩むとも わざわいを恐れません
   あなたが私と共におられるからです。
   あなたのむちと、あなたの杖はわたしをなぐさめます」

 『連れあいの右手には紫色の、左手には神の

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信