〜オリーブの香り〜 No180 『発祥の地』

Shin1

ハレルヤ!

地方の友人が、横浜に遊びに行きたいと言ってきたなら、私は11月をお薦めしている。

金貨の如く色付いた銀杏の葉や実が、冬支度の街並みに柔らかい彩りを与えてくれているし、港から見える海の蒼さも、スラーを描くカモメの白羽が溶け込んで、調和のとれた息づかいを促してくれる。

ちょっとウォーキングがしたくなった。
散歩ではなく、早足で歩いてみる。
みなとみらい線は、元町中華街駅で降り、山手方向に足を運んでみた。
勾配のきつい坂が多いため、一般車両進入禁止の道が方々で繋がっている。
ノスタルジックな佇まいと閑静な街に建つ西洋式の屋敷を眺めるだけでも楽しい。

石段を登ったり降りたり、いい運動だ。
休憩を入れて足を止めると、一軒のお宅の庭先延長区画に、『バプテスト神学校発祥の地』と記された記念碑が建てらていることに気づく。
また少し歩くと、誰が管理しているかわからないような草地に『バプテスト発祥の地』という石碑が建てらていた。

驚いた、こんな場所に、誰もかれも目を留めることのないような処に、それらが記されていた。

アイスクリーム、ビール、スカーフ、競馬場、様々なものが横浜発祥であることは、多くの人が知るところだが、ピンポイントで、バプテストが派生した拠点はここ!というところに、導かれるなんて...歩いてみなければわからないことだった。

*そのときから、イエスは『悔い改めよ。天の国は近づいた』と言って、宣べ伝え始められた*マタイ4章17節

イエス様は、今尚ウォーキングされている‼
主の御心のまま、たゆまぬ歩みとなりますように...

by MM

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信