今週の一面 『「契約の締結」出エジプト24章』8/25

管理人

◆20章から始まる十戒、神様からイスラエルの民に与えられる定めの数々。24章において契約の締結が行われます。モーセは、主の言葉とすべての法をイスラエルの民に読み聞かせました。イスラエルの民は、モーセの話を聞き、声を一つにして「わたしたちは、主が語られた言葉をすべて行います。」と答えました。(24:3,8)

◆モーセは主の命じられた通り、アロン、ナダブ、アビフおよびイスラエルの70人の長老と共に主の元へとのぼりました。彼らは、そこで神を見、食事をしました。その後、主の招きに応じて、モーセは神の山へと登って行きました。そこで、40日40夜過ごしたのです。

◆イスラエルの民が神様から律法を与えられたのは、彼らに秩序が与えられ、祝福された歩みをしていくためでした。(申命記4:40)この契約の締結により、イスラエルの民は神様との親しい交わりと祝福の道を歩むことができるようになったのです。しかし、彼らはこの特権を保ち続けることができませんでした。

◆私たちは、神様との深く親しい関係を求めています。しかし、私たちの罪ゆえに、この関係を継続して行くことがとても難しいものになってしまったのです。イスラエルの民も50日も経たないうちに、神様との契約を忘れてしまいました。また、約束の地に入ってからも偶像礼拝などの罪を犯してしまったのです。結果、イスラエルの民に待っていたものは良いものではありませんでした。

◆神様はこのような私たち人類に、イエスキリストを送ってくださったのです。イエスキリストによって、新しい契約を与えてくださったのです。イエスキリストを信じる者に、主の祝福を豊かに与えてくださったのです。この恵みを受け取り、神様との深く親しい関係を持ち続けていきましょう。

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信