今週の一面 6/30

管理人

◆今日は使徒パウロが、自身の弱さや様々な困難の中でどうやって神様に希望を見出したのか、見てみたいと思います。パウロの言う弱さとは何でしょうか?パウロはⅡコリント12:7で「一つのとげ」が与えられたと言っています。それが具体的に何かは、聖書では明らかにされていません。パウロはそのとげを取り去ってくださいと三度、神に願いましたが、それは叶いませんでした。その代わりに、神様から次の言葉が与えられました。12:9「「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」。そしてパウロはこう言います。「だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。」

◆ここでいう弱さとは、生まれつき持っている病気や体の障害のことです。あるいは病気などで肉体的、精神的に弱っている状態を指します。パウロはその弱さを「とげ」と表現しています。とげ、というと皆さん何を想像されますか?とげは尖っていますから触れると痛いです。ですから「とげ」とは、あまり触れたくない、考えると心が痛くなるような、自分自身についての部分と言えるでしょう。それは例えば、パウロのように身体的な部分、あるいは性格的な特徴でもあり得ます。皆さんお一人一人も、とげがあるのではないでしょうか。パウロのとげとは、パウロ自身が触れたくない、考えたくない部分だったのでしょう。

◆​何回も祈ったのに、そのとげが自分から離れていかないと知ったとき、パウロは自分の弱さを認め、受け入れました。そして誇ったのです。誇るとは、隠さないで、堂々と他の人に見せることです。それは、キリストの力がパウロに宿るためでした。
嶋田和幸

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信