今週の一面『God be with you』3/29

管理人

◆所属する合唱団が20年の活動に休止符を打つ事となり、覚えた最後の練習曲を、デリー行き8時間のフライト中繰り返し聞いていた。
『神ともにいまして、ゆく道を守り、日ごとの糧もて、つねに支えたまえ。荒れ野を行くときも、嵐吹くときも、ゆくてをしめして、常に支えたまえ。また会う日まで、また会う日まで、神の恵み絶えせずともにあれ』 新生賛美歌366番

◆3年前、仕事でインドへ行った息子から、ようやく春には帰国出来そうだから、残りわずかな滞在中遊びに来てよと言われ、インド旅行の計画を立てたのは昨年末のこと。衛生用品と医薬品をスーツケースいっぱいに詰め込んだ。どこの国より空気も水も汚れ、世界一の感染病原菌を宝庫とする国で暮らす息子を案じて。準備を進めている間に予測していなかったことが起き始めた。新型コロナウィルスの感染が世界的に広がるという事態。

◆神ともにいまして、この賛美歌の英語タイトルは、God be with you 、後にtill we meet againの言葉が続く。これはGood byeの起源となる文節と言われている。今は互いに離れ離れになるのだとしても、神さまがいつも私たちと共にいてくださることを信じて、「Good bye=God be with you」と挨拶する。そして、この挨拶の中には、いつかまた神さまの祝福の中で再び会うことができることを信じる想いも込められているとのこと。

◆全てが主の守りの中にあってインドへの旅は無事に終え、帰国当日の朝、日本からインド入国が許可されないニュースを聞く。息子の交代要員が足止めとなり、息子もまた日本にはしばらく戻れなくなった。
耳の奥に残る「神ともにいまして」の賛美が祈りに変わる。

守屋まゆ美

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信