今週の一面「神がイスラエルになさったこと」ヨシュア記 23:9-16 5/17

Shin1

◆ヨシュア記の23章、24章は、ヨシュアの告別説教と言われている箇所です。創世記のヤコブの言葉、申命記のモーセの言葉、主からの祝福が中心に語られていました。年齢を重ねて、年老いていく中で、後世に何を伝えていくのかということは、多くの方が考えることでしょう。遺言という形で残されたりもします。ヨシュアは自身の人生の終わりに際し、イスラエルの民に別れの言葉をかけたのです。

◆ヨシュアは、イスラエルの民に対し、神がイスラエルに何をなさったかを語りました。その中で、「あなたたちの神、主があなたたちに約束されたすべての良いことは、何一つたがうことはなかった。何一つたがうことなく、すべてあなたたちに実現した。」(23:14)と語った通り、主の約束されたことは全てがイスラエルの民に実現しました。具体的に主がなさったことは、イスラエルの先頭に立って、戦われたこと。(23:3)主が共にいてくださったので、約束の地を嗣業の地として与えられました。(23:4)

◆主の約束が何一つたがうことなく実現したのは、イスラエルの民が主に従い、悔い改め、主を愛していたからです。モーセもヨシュアも、主の教えを守ることを何度も伝えました。それと同時に、主を愛することも伝えていたことでしょう。

◆主は真実な方です。約束してくださったことを守ってくださる方です。その主に私たちも信頼していくものでありたいのです。自身のあゆみを振り返る中に、確かに主が導いてくださったということを確信を持って歩んでいきましょう。

だから、あなたたちも心を込めて、あなたたちの神、主を愛しなさい。(23:11)

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信