『主によって奮い起こされたダビデ』サムエル記上30章 9/26

Shin1

◆29章でダビデは、イスラエルとの戦い場へむかったペリシテ人アキシュのもとを後にしました。一方で、家族たちのいるツィクラグにアマレク人が攻めてきたのです。ダビデたちは家族が喜んで迎え入れるだろうと期待をしていたことでしょう。しかし、町はアマレク人によって攻められ、略奪されていたのです。誰一人殺されることなく、捕虜として連れさられ、町は火を放たれて焼き落ちていました。このことにダビデと兵たちは泣く力がなくなってしまうほどに泣き、憔悴しきってしまいました。兵の中には、ダビデを殺そうと言う者たちも出てきました。そんな中、ダビデは「主によって力を奮い起こした」のです。

◆主によって力を奮い起こしたダビデ。私たちも窮地に立たされたとき、主によって、主の御言葉によって奮い起こせることができるのならば、なんという幸いなんでしょうか。もちろん、ダビデたちのように憔悴しきっている状態から立ち上がるのは簡単ではないでしょう。しかし、主なる神様の憐れみ、いつくしみ、愛を思い出す時、弱さを通して働かれる神様の確かな力を私たちもいただくことができるのです。

◆ダビデは、主によって力を奮い起こしたのち、アマレク人を追うべきなのか、主に伺いました。主は明確に「追跡せよ。必ず追いつき、救出できる。」と答えてくださったのです。アマレク人がどちらに進んだのか明確にわかりませんでした。しかし、主が示してくださった答えに確信を持ち、進んでいったのです。

◆私たちも主によって力を奮い起こし、主が示される道へと確信をもって進んでいこうではありませんか。

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信