今週の風景 No.477  

管理人
今日は澤田兄による信徒メッセージでした。
古いものを捨て去り新しくされることについて解説されました。

20160731_01.JPG

スモールグループの時、メッセージで引用されたエフェソ6:34からの神の武具について話題になった際、「一つ一つ武具として認識すると頭で考えてしまうけれども、車に乗るときにシートベルトをするように、当たり前の動作として考えれるといいよね」とのコメントに物凄く共感したのが本日のハイライトでした。

今週の風景 No.476  

管理人
夏本番!暑かったです!
今日は、5つのパンと2匹の魚の箇所からでした。

20160717_01.JPG

5,000人と言う数字の力に注力してしまうと神様の存在を忘れてしまう。
しかし、神様に自分の差し出せるものを捧げることによって、絶望や悩みから解放される。
小さなものでも、思い切って神様に捧げようとするときに祝福を受け大きく用いられる。

ズンズンと響いてきたメッセージでした。

今週の風景 No.475  

管理人
暑くなってきました。
今日は「見つかった喜び」というメッセージでした。
見つからなかったものが見つかるのはとてもラッキーなことです。
でも、信仰を見つけた時の喜びは一瞬の喜びではなく永遠に続き嚙みしめるものです。
その喜びを伴侶や子供に教えてあげたいですね。

20160703_01.JPG

今週の風景 No.474  

管理人
神を恐れることは知恵の始まり。
毎日デボーションで読んでいる箴言。
もっとも優れたビジネス書とも言えます。
ビジネスマンの方にもオススメの知恵が溢れています。

20160626_01.JPG

今週の風景 No.473  

管理人
梅雨に入ったはずなのですが気温は7月並みの暑い日が続いております。

20160619_01.JPG

なんとなく・・・
なんとなく・・・ですが、

JOYチャペルは若いカップルに縁が増え始めた気配があります。

今週の風景 No.472  

管理人
今日は石田牧師による「信仰の破船」というメッセージでした。
テモテ第一:1:19は新共同訳で「挫折」と訳されている箇所が口語訳では「破船」と訳されていました。
スモールグループで"深い"と思ったのが、
「自分の信仰が難破していることにすら気がつかない時もある」
でした。

20160612_01.JPG

今週の風景 No.471  

管理人
6月第一週の主日。
今年もすでに半年ですか、歳をとると月日の流れが早い早い。

20160605_01.JPG

自分が死ぬまでに何を残すか。
自分は子供達に信仰を残したい。
複雑なストレス社会だからこそ、神様にゆだね守られ平安を与えられる、信仰を持たせてあげたい。
恐らく、間違いなく、子供達に習得させるべき護身術は信仰だと思う。
少なくとも自分はそう思っている。

今週の風景 No.470  

管理人
今日は信徒メッセージ初登場の石田兄によるメッセージでした。
小学生の頃に父親が脱サラして牧師の道を選び福岡に移り住んだ同じ境遇を持つ兄弟だけに、「頑張れ!」と父兄参観のように緊張して兄弟を直視できませんでした。

20160522_01.JPG

礼拝後のスモールグループ(分かち合い)の時に、ウンウンと思ったのが、私たちが試練を耐え忍んでいるのではなく、神様が、こんな罪深い私たちを耐え忍んでくれているんだなぁ、と言うこと。

今週の風景 No.469  

管理人
今日は石田牧師のメッセージでした。

祈り続けることは人の力では出来ない。
霊的な助けが必要。
そして、主の御名によって祈るときに祈りはきかれる。

20160515_01.JPG

午後は、神の家族会(いわゆる総会)がありました。
2015年度の始め、「無理な数字だろうけど神様が祝福してくださるから!」
と言う強い信仰で始まった予算計画の執行は、99%超えと言う達成率の報告で、本当に祝福されている!と言う喜びと驚きでした。

そして今年のスローガンは個人伝道。
「教会が」ではなく「私が」と言う一人称で伝道をしよう、と言う行動指針でした。

家族への伝道を今一度「私が」やろうと思いました。

今週の風景 No.468  

管理人
ゴールデンウィーク最終日。
今日も暑かったです。
今日は。エレミヤが神様からの召しに「滅相もない」と断っている箇所からでした。

20160508_01.JPG

礼拝後のスモールグループで、神様からの召しに二つ返事で従った人は見当たらない、と話題に上がりました。
「でも、神様はそんな弱い人たちと共にいて守ってくださるのだから、こんな私でもいいんだ、と安心出来るね」と言うのが今日のハイライトでした。
6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信