今週の一面『 主への心を第一に 』8/12

Shin1

「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。」(箴言4:23)

◆1999年9月、JOYチャペルはスタートしました。2004年12月に教会組織をし、2010年に現在の会堂が献堂されました。開拓からスタートし、現在では約70名の礼拝出席になるほど成長していきました。私自身も、4月に就任し4ヶ月が経ちました。みなさんの日々の祈りと励ましに心から感謝致します。

◆開拓からスタートし、規模が大きくなる教会によく起こる出来事に"効率化"があると思います。少人数で、みんなが家族のような状況から、様々な考え方が出て来るようになる規模になった時に"効率化"を目指そうとします。ここでは、"効率化"が悪いのではなく、"効率化"に伴い私たちの心がどこに向いているのかがとても重要になると思うのです。一般社会の中においては、効率的な組織運営を目指していきますが、教会にそれをそのまま当てはめることはできません。"効率化"はある時に排他的となりうるものだからです。

◆JOYチャペルでも今後ある部分は"効率化"しようとする所が出て来ることもあるでしょう。また、"効率化"だけでなく、ミニストリーの中に"作業的"になってしまったり"タスク"になってしまうものが出て来る可能性もあります。このような状態にならない為に、私たちは日々心を主に向けることを第一にすることが必要です。神様が何を望まれているのか、神様は何を喜ばれるのか、このことを私たちは一つ一つの働きの中に植え付けることが大切です。その為に、私たちは日々のデボーションによって、礼拝の中において、交わりの中において御言葉を心に蓄えることが大切です。

「キリストの言葉をあなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。」(コロサイ3:16)

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信