最近の記事

◆先日のCSリーダー会の学びの中で、「自覚的信仰告白」という記事から学びました。(『いま、バプテストを生きる』より)その中で初期のバプテスト教会がこだわった表現に教会を「Church」ではなく、「Company」という言葉で教会を表現していました。そこには、「国家権力の統制のもとにある信仰ではなく、個人の主体性と自由に基づく信仰を主張したのがバプテストであり、本人の自覚を差し置いて国や家が信仰を決めていく仕組みに対して、彼らは命がけで抵抗したのです。」という思いがありました。 

◆会社の中でよく言われる言葉に「全員経営」という言葉があります。これは、「従業員一人一人が経営に関わる意識を持ち、自主的に行動、判断すること。」これを、教会に当てはめるとどうなるでしょうか?「教会員一人一人が、教会の働きに関わる意識を持ち、自主的に行動、判断すること。」となると思います。このように見ると、初期のバプテスト教会の思いがよく伝わると思います。個人の主体性が集まって教会を形成していく。それぞれがバラバラに動くのではなく、同じ目標を持って、それぞれが置かれているところで動いていくことを目指していると思うのです。

◆つまり、教会において私たちは「お客様」ではないということです。パウロが教会を身体の器官として表現しているのは、一人一人の働きがとても大切で重要だからです。年齢や信仰歴は関係ありません。私たち一人一人がキリストの弟子として歩む時、そこに教会の働きが前進していくのです。 

◆「誰かが」ではなく、「私が」福音宣教の働きを担うのです。キリストの弟子として召されている私たちが教会において、またそれぞれの遣わされている場において福音を宣べ伝えるのです。

わたしたちは、自分自身を宣べ伝えるのではなく、主であるイエス・キリストを宣べ伝えています。わたしたち自身は、イエスのためにあなたがたに仕える僕なのです。」(Ⅱコリント4:5)

坂西恵悟

「だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。」(ヤコブ5:16)

◆日本バプテスト連盟の中で、「協力伝道」という言葉をよく聞きます。これは、各個教会が単立で宣教の働きを担うのではなく、各個教会が集まり、協力して宣教の働きを担うということを目的としています。私たちのJOYチャペルも、私たちだけで宣教を行うのではなく、神奈川連合の諸教会や、日立教会などと共同で広い範囲で宣教の働きを担っていくことが大切です。その為に、私たちは何ができるのか、何をするべきなのかを考えていくことが必要です。

◆先週末の豪雨(2018年7月豪雨)により、西日本の広い地域で多くの方が亡くなり、今もなお行方不明の方が多くいらっしゃることを私たちは日々のニュースで知ることができます。たくさんの方の心が痛み、現実を直視できない状況の方々が多くいることでしょう。このような状況で、歯がゆい思いをされる方もいらっしゃると思います。私たちが今できることは何でしょうか。被害に遭われた方々の為に、地域の教会の為に何ができるのでしょうか。お先真っ暗に思えてしまうこのような時だからこそ、主にある希望を私たちは伝えていくことが必要だと思います。

◆その為にまず私たちは祈りから始めましょう。「祈りの力を信じます」と掲げている私たちが、祈ることをやめてはいけません。私たちの教会だけでなく、多くの教会と共に祈っていくことが必要だと思うのです。これも「協力伝道」の一つの形であると思います。ぜひ、家族と友人と教会を超えた主の交わりの中で祈っていただきたいです。

「どうか、忍耐と励ましの神が、あなたがたを、キリスト・イエスにふさわしく、互いに同じ思いを持つようにしてくださいますように。」 (ローマ15:5 新改訳)

坂西恵悟

今週の風景 No.565  

管理人
今日は松見牧師によるメッセージでした。
午後は按手の学びの講師として奉仕いただきました。

20180715_01.JPG

今週の一面『夢を見よう』7/8  

Shin1

◆今、私たちの教会では「信仰告白」の見直しを行っています。教会の信仰を再度確認し、教会の一つの基盤を再構築しています。バプテスト連盟では、各教会がそれぞれ「信仰告白」を持っています。その「信仰告白」を基盤に、それぞれが様々な方法で宣教の働きを行なっています。個人を見てみると、バプテスマを受ける際、各人が「信仰告白」を作成します。そして、バプテスマを受け、一人のクリスチャンとしてスタートするのです。つまり、「信仰告白」は私たちがクリスチャンとして歩む上で必要なものになります。教会の「信仰告白」は教会が宣教の働きを行う上で必要なものです。

◆教会が宣教の働きを行うのに必要なものを準備している私たちが、次に目指すべきものなんでしょうか。それは、宣教のビジョンを明確にすることだと思います。キング牧師の有名な演説に「I Have a Dream」があります。彼は、差別のない平和で平等な世界を夢見ました。出エジプトの時、イスラエルの民が目指したものは約束の地でした。ネヘミヤは、散らされた民が再度集められ、城壁を再建し神を礼拝することを目指しました。イエス・キリストは、すべての人が悔い改め、天の御国を待ち望むこと、求めることを目指しました。

◆私たちは、個人として、教会として何を目指していますか。何を夢見ていますか。その夢を、目指すものを明確にしたいのです。それが明確になった時、具体的に私たちが何をすべきなのかがはっきりとわかり、効果的に宣教の働きを担うことができるのではないでしょうか。

◆ぜひ、夢を持っていただきたい。その夢を分かち合い、教会の夢をより明確にしていきたいのです。夢を持つ教会を、夢の実現を目指して行動する教会を一緒に建て上げていきましょう。

「御国が来ますように。御心が行われますように、天におけるように地の上にも。」  (マタイ6:10)

坂西恵悟

「力を捨てよ、知れ わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる。」(詩編46:11)

◆先週は、デボーションのことについて学びました。御言葉を日々読む(聴く)大切さを学びました。キリスト教会におけるデボーションの意味の中で「静思の時」という意味があります。御言葉を読む(聴く)以外にも"祈る"こともデボーションです。今日は、デボーションにおける"祈り"について学びましょう。

◆私たちは普段どれだけデボーションに時間を取っているでしょうか。24時間のうちどれくらいですか。10分?30分?1時間?一人一人様々だと思います。「時間が長ければ良い」「短いからダメ」ではなく、その時間の中でどれだけ、神様と深い交わりが出来ているかが大切だと思います。前回お伝えしたデボーションの方法を取ると、短くても15分。30分以上かかることもある方法です。日常の中でその時間を取るというのは難しい方が多いと思います。だからこそ、逆にしっかりと時間を確保した時の、充実度は高いのではないでしょうか。

◆冒頭の詩編は新共同訳です。この聖書箇所を別の訳で見るとこのようになっています。
「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。」(口語訳)
「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」(新改訳第3版)
「よく聞きなさい。わたしこそ神であることを、よくよく知りなさい。わたしは全世界でほめたたえられる。」(リビングバイブル)

◆充実した深いデボーション(御言葉と祈り)を持つために、私たちがすることは、「静まる」ことです。忙しい日々だからこそ、一度「やめて」、「力を捨て」て、「よく聞き」たいと思うのです。毎日これをするのは難しいかもしれません。でも、少なくても週に1回はこのような時間を持っていただきたいのです。
 神様の前に何も持たずに、喧騒を忘れ、置いて、静まる日を持ってみませんか?

坂西恵悟

今週の風景 No.564  

管理人
7月になりました。
先週から暑くなり梅雨明けもしてしまったそうで、今年は水不足や野菜の価格高騰が危惧されそうですね。
今日のメッセージは生活の規範となる内容で、最近こういう考えが少し欠如してたな〜と思いつつ安心もしました。

20180701_01.JPG

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。」(2テモテ3:16,17)

◆横浜JOYバプテスト教会のミッションステートメントにこのような1文があります。「主の日の礼拝と祈り会、そしてデボーションを大切にします。」教会の大切にしているものの一つであるデボーション。デボーションは「献身」「忠誠」という意味が本来ですが、教会においては、「静思の時」や「神様との交わり」という意味が強いです。なぜ、教会はデボーションを大切にしているのでしょうか。それは、このテモテへの手紙に書かれていることの通りです。聖書によって、私たちは整えられていきます。日々のデボーションは私たちがクリスチャンとして歩む上で必要不可欠なものなのです。

◆「S.O.A.P」と呼ばれるデボーションの方法があります。「S」=Scripture(みことば)、「O」=Observation(観察)、「A」=Application(適用)、「P」=Pray(祈り)の4つの項目で進めていく方法です。(『The Divine Mentor あなたを導く神様の個人レッスン』 ウェイン・コデイロ著)
「S」:その日読んだ聖書箇所から "1節" 今の自分に必要な、心に止められた御言葉を選びます。もちろん、始める前に"お祈り"から始めてください。その中、必要な御言葉が与えられるように祈ってください。
「O」:読んだ聖書箇所にどのようなこと(もの)が書かれているのか、何がどのように、どの場所で起こったか、誰に起こったかなどの背景や状況を考えてください。
「A」:「S」と「O」を通して、どのように適用できるかを考えてください。
「P」:デボーションの感謝と適用することが実行できるように祈ります。

◆以上のことをノートにメモします。そうすることで、何を考えたか、感じたかを整理することができ、振り返ることができます。デボーションテキストを使用している方や、「1日1章」を使用されている方など、様々な方法でデボーションをしていると思います。今の方法をそのまま継続していただいてもいいですし、今勧めた方法でデボーションしていただいてもいいです。何より大切なのは、私たちが毎日、御言葉を読む(聴く)ことです。』

坂西恵悟

今週の風景 No.563  

管理人
本日のメッセージは坂西牧師でした。
神様第一再確認でした。
司式者の祈りの中にあった「神様のみ言葉を聞く事に集中できるよう、心の中にある邪魔なものを取り除いてください」のような内容にハッとされ、その後のメッセージの内容とリンクしていたな〜と感じました。

20180624_01.JPG

「知れ、主こそ神であると。主はわたしたちを造られた。わたしたちは主のもの、その民 主に養われる羊の群れ。感謝の歌をうたって主の門に進み 賛美の歌をうたって主の庭に入れ。感謝をささげ、御名をほめたたえよ。主は恵み深く、慈しみはとこしえに 主の真実は世々に及ぶ。」  (詩編100:3-5)

先週に引き続き、詩編100から礼拝について学びましょう。礼拝は「主に向かって喜ぶ」こと。「主に仕える」ことを学びました。今週は、3節から5節を通して学びたいと思います。

3.主を知る
 礼拝の目的の一つに「主を知る」ことであると聖書は言います。主はどのような方でしょうか。3節には、「主はわたしたちを造られた。」とあります。また、詩編96:5,6からも「主が造られた」ということを知ることができます。3節の後半部分からは、私たちを養ってくださるのが主であることがわかります。つまり、私たちは礼拝のプログラム一つ一つを通して「主を知る」ことができます。礼拝の様々なところに、主がどのような方かを知る機会がたくさんあるということを私たちは覚えましょう。私たちを養ってくださる主がいつも私たちに必要なもの(こと)を用意してくださっているのです。

4.主を賛美する
 4,5節から、「主を賛美する」ことの大切さを学ぶことができます。礼拝において賛美は必要不可欠です。感謝を携え、主を賛美し礼拝をすることが大切です。詩編100は「感謝の賛歌」と言われています。まさに「主を賛美する」ことが礼拝なのです。賛美を通して感謝をささげ、賛美を通して主を知ることができる。賛美は主との交わりを深めます。賛美によって、満たされ、励まされ、慰められます。それは、一般の歌とは違い、主なる神へのささげものだからです。だから、私たちは賛美を通して主を知ることがだできるのです。
「どのようなときも、わたしは主をたたえ わたしの口は絶えることなく賛美を歌う。」    (詩編34:1)

坂西恵悟

今週の風景 No.562  

管理人
今日は、筑波教会の高橋牧師によるメッセージでした。

「苦しむことも恵み」と言っている宗教はキリスト教くらいなもの...の解説に、
「むむ、確かに・・・」と思いました。
いろいろな事で精錬・鍛錬されているのも神様からのめぐみですね。

高橋牧師は午後の按手の学びも奉仕くださいました。

20180617_01.JPG

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信