最近の記事

私は普段、滅多に人前で泣きません。
映画に感動してないたりはしますが、例えば悔しくて泣くとか、
嬉し泣きなどはほとんどしません。

そんな私ですが、この間教会で賛美をしているときに、勝手に涙があふれだし、止まらなくなってしまいました。
何が起こったのか理解できず、困惑するしかなかったのですが、
あふれ出る涙を止めることができず、ただただ、泣くことしかできませんでした。

最近の私は、現実のことに精一杯で、自分の信仰を見失いかけていました。
毎日、食事の前や不安があったときは祈るようにしていたのですが、
いつの間にかその祈りが決まり文句のようにただ口から出てくるだけで、心がこもっていなかったり、
まだまだ分からいこと、知らないことが多い中で、教会の奉仕をやっていていいんだろうかと悩んでいたり。

それらを取り戻すために何かをしなければ、と思っているのに、仕事などに追われてしまい、
その時間を確保できない自分に焦りや苛立ちを感じる中で、信仰そのものが見えなくなっていったんだと思います。

そんなとき、教会で『賛美礼拝』といういつもと少し趣向を変えた礼拝が行われました。
最初にいつも通り賛美をしていたところで、涙が止まらなくなってしまいました。

自分でどうにかする必要はない、ただ私を信じなさい
あなたは何も悪くない

そんな言葉を優しくかけて、神様が私を抱きしめてくれたのかな、と後から思いました。
信仰を持つ前の自分に戻りかけていたところを神様によって、改めて救われたのだと思います。

そっと寄り添ってくださる神様とこれからも歩んでいきたいと思います。

by Hiro

「主よ。この人はどうですか。」...「それがあなたに何の関わりがありますか。」

ヨハネ21:21〜22

◆他の人についての神の取り扱いに干渉してはならない。忠告する権限のない事を忠告してはならない。あなたの側でなすべき事は、常に神との正しい関係を保つことである。そうすれば、他の人を祝福するために、いつでもあなたを通して、神の洞察力があなたに臨むのである。(「いと高き方のもとに」より抜粋)

◆霊的に、自分が進歩をしていないように思え、周りの人に対しても、言葉で話さずとも、良き証し人となれているのか、疑問に思う事がある。そんな時、よくよく考えてみると、自分の思いや周りの人に対して、心が奪われている事を見い出す。こんなちっぽけな心に、沢山の思いは入りきれない。ならば、少なくとも、一番大切な事だけを心に思っていたい。

◆イエス様は、私達のなすべき事は、神との正しい関係を保つ事だと示して下さっている。罪を捨て、全ての心配も、人への思いも、自分の願いも主に委ねて、このちっぽけな心を、主への思いで満たして頂こう。そうすれば、あとは神さまが最善の時に、最善をもって、豊かな祝福で満たしてくださり、私達は神に出会うと、約束されている。

「心を尽くし、魂を尽くして求めるならば、あなたは神に出会うであろう。」

申命記4:29

久田ゆかり

今週の風景 No.538  

管理人
今日は濱田兄によるメッセージでした。
メッセージ冒頭で今日の奏楽を担当していたユースチームによる特別賛美があったのですが、これが良くて良くて、ただただ感動してました。
歳をとると涙腺がもろくなる様で、ジワっと来てました。
もっと聴きたかったなぁ・・・。

20171210_01.JPG

~オリーブの香り~ No 273『笑顔』  

Shin1

毎月、九州に住む母たちの所に帰る。姑は満身創痍ながら気丈に一人暮らしを続ける88歳。ひょっこりやって来る嫁のために、あんこ餅を冷凍して待っていてくれる。私の母は着々と認知症が進行中の84歳。私の顔を見ても「世話しに来た人」と気にも留めない様子で、大音響のテレビを見続けている。
 
ついひと月前までは一緒に買い物に行くと食べたいものを自分で選んで、かごに入れていたのに、今は「わからん」とつぶやいて手に取ることもなくなった。食べることも忘れている時もあれば、夜中にご飯とお菓子をガッツリ食べこんだりする。
 そんな母が肉屋のおじさんにかけたひと言に驚いた。「この頃はひとりで店ばしよると?奥さんは?」と普通に気遣いをみせたからだ。ガソリンスタンドを始めた父に19歳で嫁いで65年、商売に明け暮れた母の魂はしっかり保たれていた。そのことを家族に伝えると「肉屋の人、いっつも笑顔やろう。そやけんたい」と言う。確かに母が普通に会話する相手はみんな笑顔の人だった。
 
そんなやりとりの後、いつもの仕事に戻ってのこと。放課後の小学校の校庭で、さかんに注意されているA君、ひたすら友達を追いかけ回しては抱きつくことをやめない。何かにつかれたように友達を引き倒して抱きつこうとする。ふと思いついて「おんぶしようか」と笑顔で話しかけてみた。はじめは挑むような目つきになり、唾を吐きかけたりしていたが、こちらがニッコリし続けていると「何して遊ぶの?」と聞いてきた。そばにあった鉄棒に誘ってみるとぶら下がりが得意らしく、褒められるといつまでもぶら下がり続けている。笑顔で見つめている私に近寄ってきたA君が、「ぼくの力強いよ」とおばさんの私を背負ってくれようとする。むろんひっくり返りそうになりながら。

よくよく話を聞いてみると彼が抱きつきを求めたくなるような出来事が家庭に起こっているらしかった。どうしようもない不安の中にいたのだ。「わからん」とつぶやいて、まわりを唖然とさせる振る舞いの増した母も、A君も、なんだか訳のわからないことが起こり続ける不安を生きている。そんな人たちが「笑顔」に安らぎ、人と人とのつながりを取り戻していく。
 
どんな人であっても、神は人間を自分の似姿として創造され、「わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43章)と言われる。「笑顔」は、わがままで弱い人間に与えられた神様の贈り物。

「貧しい人たちに、命だって上げることはできます。しかし、微笑みを浮べてそれをしなければ、何も与えたことにはなりません。平和は微笑みから始ります。一日5回、あなたが本当は笑顔を見せたくない人に微笑みなさい。それを平和のためにするのです。何でもない微笑みが及ぼす効果には、計り知れないものがあります。温かい微笑み。妻に、夫に、子どもに、そして全ての人に微笑みかけなさい。微笑みは愛を育てます。」(マザー・テレサ)

By おたね

◆アドベント(待降節)を迎えました。教会ではアドベントから一年が始まります。新たな気持ちで主イエス様の誕生を待ち望みたいと思います。アドベントという単語は「到来」を意味するラテン語のAdventus(=アドベントゥス)から来たもので、「キリストの到来」を意味します。キリスト教においては、アドベントは人間世界へのキリストの到来、そして、キリストの再臨(ギリシア語のパルーシアに相当)と二つの意味を込めてキリストの到来を待ち望みます。

◆アドベントを過ごすにあたり、私は「キリストが来る」という意味について考えさせられます。私たちは神様に願いを祈ります。神様がすぐにでも答えてくださることを期待して...。けれども、現実には「待たされること」や「なぜ、この時に?」と私のほうでは思ってもないタイミングで神様の答えが来るのです。

◆長い間祈り願っていたことが、もう叶えられるはずがないと思っているときに「祈りは届いたよ」と言われても、すぐには信じること(受け入れる)ができないのではないでしょうか。ザカリアもそうでした。「その願いが聞き入れられた」そう言われたとき、素直に信じることができなかったのです。それゆえに彼に与えられたのは「沈黙」することでした。

◆聖書において「沈黙」の時は、「聴く」「神様との対話、自己との対話」「祈りへの備え」などの意味を含んでいます。「時が来れば実現する」(20)との神様の想いについてザカリアは深く考えさせられる時を与えられます。今、私にとっての「沈黙の時」の意味を深く思い考えていきたいと思うのです。

林 健一

今週の風景 No.537  

管理人
いよいよ12月、アドベントに入りました。
今日は林牧師によるメッセージでした。
みなさま風邪や体調くずさないように気を付けて。

29171202_01.JPG

私は実家に母と兄がいますが遠方のため、会うのは年1回です。クリスチャンではありません。母ももうすぐ80歳、兄も色々心配です・・というか妻が私以上に心配して「もう祈ろう!教会に誘おう!」と言ってくれました。で、例年は実家➕観光ですが今年は実家➕伝道に。
事前に「土曜、泊まって日曜は実家の近くの教会行くから一緒に行こうか」と言うと「ん・・」と母はあやふやな返事。これ以上言うと「いいよ(遠慮しとく)私は」と言われそうだったので、あとは当日に任せることに。
前日の反応、兄は「ちょっと友達と予定あるから」、母「ん、ん〜」
当日、約束の2分前に迎えに行くともう玄関から出てきてるではありませんか!
こどもの頃、日曜学校に行ったことはあるとのことで、それほど礼拝自体はびっくりしている様子ではありませんでした。感動して泣いている?ただの風邪気味?メッセージにあきて寝てる?どう感じたのか、次また行く気はあるのか?と思っていたら、教会で借りた賛美歌を間違って持って帰って来てしまったため、嫌でももう一回教会に行くことに!
牧師先生から送られてきた「また来て下さい。」の手紙も喜んでました。
毎週行くよとか兄も連れてくよとはまだ言ってませんが、今回、母と礼拝に一緒に出るというにはなんとも不思議な経験でした。
でもひょっとしたら母はこう思っているのかもしれません。
「あなた教会行ったの大人になってからでしょ、私はこどもの頃、すでに行ってるのよ、私のほうが早く神様に出会ってるんだから」
皆様のとりなしの祈りにも感謝です!

byとと

今週の一面『 とりなしの祈り 』11/26  

Shin1

◆歴代誌下24章によれば、祭司ヨヤダの子ゼカルヤが、神の霊によって立ち上がり、民に向かって語った。「神はこう言われる。『あなたたちが主を捨てたから、主もあなたたちを捨てる。』」(歴代誌下24:20)。ヨアシュ王も民もこの言葉を聞こうとせず、主の神殿の庭でゼカルヤを石で打ち殺した。

◆ゼカルヤは、死に際して言った。「主がこれをご覧になり、責任を追及してくださいますように。」(歴代誌下24:22)。私たちはこのゼカルヤの最後を読むとき思い出すのはキリスト教会の最初の殉教者ステファノのことである。彼もまた真理を語ることによって群衆から石で打ち殺された者である。

◆しかし、彼がゼカルヤと対照的なことは彼の最後の祈りが「主よ、この罪を彼らに負わせないでください」(使徒7:60)。という祈りであったということである。一方は自分の仇をのろい、他はその者のためにとりなしの祈りをなす。一体どこにこの違いが生じる原因があったのであろうか。確かに敵を愛し、仇のために祈るということは私たちのできることではない。あのゼカルヤのようにおのれを撃つ者に向かってのろいながら死んでいくのが私たちである。 

◆しかし、そんな私たちが、イエス・キリストを信じ、仰ぐとき、敵を愛し、仇のために祈ることができる者に変えていただけるのである。

神山 武

今週の風景 No.536  

管理人
今日は賛美礼拝でした。
ゲストを呼ぶわけでもなく、主日礼拝を賛美をテーマとしてプログラム進行や奏楽を編成したものです。
随所に普段は見られない賛美のカタチがありました。
メッセージも武林兄によって賛美にフォーカスされたものでした。
20171126_01.JPG

◆「汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、見つからない。そこで、出て来た元の家に帰ろうと言って帰ってみると、その家はあいていて、そうじがしてある上、飾り付けがしてあった。そこで出て行って、自分以上に悪い七つの霊を一緒に連れて来て中にはいり、そこに住み込む。そうすると、その人ののちの状態は初めよりももっと悪くなるのである。邪悪な今の時代も、このようになるであろう。」(マタイ12:43〜45)

◆サタンは祈らない魂(家)、堕落した魂(家)の中に住み着くことを好みます。私たちがどれだけ道徳的な生活をし、実践的な生活をするとしても、イエスさまが私たちの人生の継続的な主人にならなければ、サタンはさらに悪い状態になって私たち(私たちの家)を占領するでしょう。

◆どれだけよく家(魂)を掃除しても、その家(魂)が空いていれば、必ず誰か(サタン)に占領されてしまうのです。イエスさまを信じ、その方を私の王、私の主人としなければ、サタンはもっと悪いサタンを連れて来て、もっと悪い状態にしてしまいます。

◆サタンは祈らない魂を自分の家にします。そこはサタンが住むのにとても良い環境だからです。

◆私たちの中にサタンが住み着くような要素がありませんか。私たちの魂に日々イエスさまをお迎えして、サタンに占領されないために一日の初めに、まずディボーションを!    

石田政美

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信