今週の一面 『アブラハム③ 〜イサクの誕生〜』 1/6

Shin1

◆神様がアブラムに対して、アブラムから子孫が出ると約束してくださいました。しかし、なかなかその約束を見ることができません。しびれを切らしたサライは女奴隷のハガルとの間に子を授かるようアブラムに言いました。そして二人の間にイシュマエルが生まれました。(16章)

◆イシュマエルが生まれて13年が経った時、神様は再びアブラムの前に現れ、アブラムとの間に永遠の契約を結ばれました。神様との交わりの中、アブラムはイシュマエルのことを話しましたが、神様はアブラムとサライの間にイサクが生まれることを約束してくださったのです。(17-18章)                              
◆その後、「主が約束されたとおり」(21:1)サラはイサクを産みました。アブラハムとサラは不信仰によって、多くの失敗をしてきました。しかし、ここに主の約束が成就し、彼らは主への信仰を確立していったのです。神様にはご自身のご計画があります。それは、私たち人間の基準で測ることができるものではありません。神様の「時」によってそのご計画を実行されるのです。神様が用いられようとする器は様々な試練や出来事を通して、きよめ、整えてくださるのです。 

◆アブラハムとサラはそれぞれ、神様に応答しました。アブラハムは主の命令に従って、生まれた子どもにイサクと名付けました。そして、主の命令の通り8日目に割礼を施しました。イサクこそが、神様との契約を受け継ぐ者であると信じたのです。サラは、自分と夫の間に子どもが与えられると聞いた時、笑いました。(17:17、18:12)そして、イサクが生まれ時、「神はわたしに笑いをお与えになった。」(21:6)この言葉は、神様がサラを祝福してくださったが故の笑いであることを告白しました。

◆神様はご計画されていることを必ず実行される方です。約束したことを必ず守る方です。この神様に信頼していきましょう。御言葉によって約束されていることを信じていきましょう。

坂西恵悟
                       

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信