今週の一面 『 アブラハム④〜信仰者の姿〜 』 1/13

Shin1

◆私たちの人生は、たくさんの壁にぶち当たります。それは、クリスチャンであってもなくても全人類が経験することしょう。アブラハムは、多くの試練を体験しました。自分の慣れ親しんだ場所を離れること、子どもが与えられないことなどです。その都度、彼は主に立ち返りました。そんなアブラハムにまた大きな試練がやってくるのです。創世記22章にある最愛の息子イサクをささげるということです。  

◆創世記22章を見ると、そこにはアブラハムの信仰者の姿を見ることができます。このアブラハムの姿は私たちも見習うべき姿なのです。22章を分けると、
①神様からの試練(22:1-3)、
②アブラハムの神様への応答(22:3-10)、 
③神様の備え(22:11-14)、
④神様の祝福の約束(22:15-19)
この4つに分けることができます。          

◆アブラハムは、神様から与えられた試練に対して忠実でした。朝早く、準備をしイサクをささげに向かったのです。神様の命令通り、彼はイサクをささげようとしました。そこには、神様は約束を守る方であるという"確信"と、神様が必要を備えてくださるという"信頼"、イサクをささげようとする行為による"献身"がありました。この姿を見て神様は、アブラハムの必要を備え、祝福してくださったのです。 

◆私たちの人生も同じです。試練を目の前にした時、私たちの内に神様への"確信"と"信頼"と"献身"はあるでしょうか。この信仰を持ち、神様の前に進む時、神様は必要を備え、祝福してくださるのです。このアブラハムの姿のように私たちも見習っていきましょう。

あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えてくださいます。
(Ⅰコリント10:13)              

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信