今週の一面 『十戒④ 』 8/4

管理人

◆第6戒からは、人に対する具体的な行動に関する戒めです。(殺人、姦淫、盗み、偽証)これは、内面的な部分もありますが、主だっては外面的に見えるものになります。神様が求めていることは、私たちがきよくあることです。
「ですから、だれでも自分自身をきよめて、これらのことを離れるなら、その人は尊いことに使われる器となります。すなわち、聖められたもの、主人にとって有益なもの、あらゆる良いわざに間に合うものとなるのです。」(Ⅱテモテ2:21 新改訳)

◆神様は、自分自身をきよめる人を、尊い働きのために用いてくださるのです。

◆第10戒では、人に対する行動の外面的なものではなく、内面的なことが戒められています。私たちは、他人の心を完全に理解することはできません。すべてを理解しているのは、神様だけです。神様は、人が他人の家を欲することを禁じられました。土地や家屋だけでなく、家に属するすべてのものを欲することを禁じられたのです。

◆私たちは、いつも比較します。商品を買うときも比較しますし、自分と他人も比較します。貪る心は神様の対する不信仰から出てくるものです。神様が私たちの必要を与えてくださるという御言葉を信じるのであれば、他人と比較することは必要ないでしょう。むしろ、今与えられているものに感謝をすることができるのです。「わたしの恵みはあなたに十分である。」とあるように、神様が与えてくださっていることを信じるが故に、現状に満足する心が与えられて、将来に対しても平安が与えられるのです。

◆神様からの十戒は、イスラエルの民にとって、私たちにとって基本的なことです。しかし、私たちは、この十戒を完全に守ることができません。この十戒は、私たちが罪人であること、不完全な者であることを明らかにします。だから、イエス・キリストが救い主であり、この律法を完全に守り、成就された方であると信じることができるのです。

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信