今週の一面「主が治める〜ギデオンの信仰と失敗〜」士師記8:22-27 7/26

Shin1

◆ミディアン人との戦いに勝利したイスラエル。イスラエルの民たちは、ギデオンとその息子、孫達に自分たちを治めるよう願いました。(8:22)民たちは、ギデオンの指導力を認めたのでしょう。けれどもギデオンの答えは、彼らの期待に応えられるものではありませんでした。イスラエルの民を治めるのは、ギデオン自身でも息子、孫たちでもなく、「主があなたたちを治められる。」(8:23)と言い切るのです。ここに、ギデオンの主への信仰があらわされます。これまでも、イスラエルの民を導いた指導者がいました。彼らは民を導いたのであって、彼らを治めていたわけではありません。主が治めている中に、指導者として立てられていたのです。

◆しかし、このような信仰を公にしていたギデオンも失敗をしてしまいます。彼は、戦利品として手に入れた耳輪を民たちから回収しました。それを集めて、金のエフォドすなわち、偶像を作りだしたのです。エフォドとは、祭司が儀式などで身に着ける宗教的な衣服です。これを自分の町に置いたのです。ギデオンの功績を残し、それに宗教的な権威を着せ、礼拝の対象としたのです。

◆ギデオンによって40年の平穏を得ても、ギデオンの死後、イスラエルは再び偶像礼拝に陥り、バアルを神とし、主に心を止めなくなってしまったのです。(8:34,35)

◆ギデオンの勝利の要因は、自分の弱さを認め、主に立ち返ることでした。一人の臆病な人が、主の選びと助けによって強大な敵に立ち向かい、勝利を得ることができました。自分の力ではなく、神の力を信じてです。しかし、彼の失敗は、神への信仰を持っていながらも、自分の力を誇示したことです。ここに、私たちが学ぶべき姿があるのではないでしょうか。私たちも主の前にへり下り、謙遜になって主に委ね、主の力を信じていこうではありませんか。

坂西恵悟

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信