今週の一面「パウロの旅路」1/17

Shin1

◆元旦の朝、年賀状と共に贈り物が届きました。小包を開けてみると「パウロの旅と七つの教会」と題されたスケッチ集が梱包されていて、「お世話になっている友人が、コロナ禍のステイホーム中に朝晩の祈りを持って、神様の力で出版することが出来た素敵なスケッチ集をどうぞ」という友からのメッセージも添えられていました。

◆新しい一年の最初の朝、主の贈り物に感謝を覚えページを開いていくと、3回に渡るパウロの伝道旅行で訪れた町々の風景や遺跡が水彩画で描かれていて、聖書の世界がソフトタッチな3次元になって、パウロの伝道熱が伝わるものでした。
「だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、 裸か、危難か、剣か。」ローマ8章35節

◆2021年を迎えても尚、感染拡大を続けるコロナ禍にあって、2度目の緊急事態宣言も発令され、再び礼拝に集うことが難しい状況となりましたが、むしろその社会的制約が、何者にも奪われることのないキリストの愛を際立たせていることに気づきます。
「高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。」ローマ8章39節

◆神様が与えてくださった安らかなひとりの時間に、必要のないものを手放す勇気と、夕べがあり、朝があった順路を思い返すことができました。新しく変わっていく世界に変わらぬ主の愛とともに光を持って歩めますよう祈り続けます。

守屋まゆ美

過去の記事

ケータイサイト


記事コンテンツがケータイで見れます。
ケータイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい
お持ちのケータイにバーコード読み取り機能が無い場合には↓
URLをケータイに送信